P Garages

P Garages

駐車場を経営する場合の注意点

更地を遊ばせておくのはもったいないからという理由で駐車場経営を始める場合があります。
駐車場経営は、他の不動産賃貸事業と同じく定期的に収入を得られるという特徴がありますが、賃貸アパート経営と比較すると人間が住むものではありませんので、アパート経営よりは簡単だろうと考えるかもしれません。
事実、建物がないこと等の理由から確実に考慮する要素が減ることになりますが、それでも決して簡単だと侮ることはできないでしょう。
アパートにおける空室リスクと同様に、借り手がいなければ収入が入ってこないリスクはあります。
そのため、需要の調査等はしっかり行うことが重要です。
自分の土地がここにあるから等の自分サイドの都合で経営を始めてもうまくいかない可能性があるのです。
さらに、所得税における不動産所得の確定申告の手間はあまりアパート経営とは変わりません。
また、消費税については、アパートは住宅の貸付けなので家賃は非課税収入となり規模が大きくなっても免税事業者となる可能性がありますが、駐車場経営の賃貸収入は、更地にロープでも引いてあれば課税売上となり消費税の確定申告作業も必要になってくるのです。
あまり軽い気持ちで始めると後で苦労する可能性があるため注意が必要でしょう。

車社会だからこそ駐車場経営

大都市の都心部では電車や地下鉄、バス等の公共交通網が発達しているため、必ずしも自動車を利用する必要はありませんが、日本のほとんどの地域においては生活をしていく上で自動車を利用することが必須になっています。
そのため、通勤やショッピング、外食等の際には車を停めておける場所があるかどうかを確認して向かわなければなりません。
そのため、どのような場所においても人が利用する施設があれば駐車場の需要があります。
そういった観点から、余剰の土地を持っている場合には駐車場経営をすると小遣い稼ぎを行うことが比較的容易です。
そのメリットとして、マンションやアパート等を経営するのに比べると少ない初期投資で始められることから手軽な土地運用になることに加え、サブリースのシステムが発達しているので手間をかけずにほとんどのことを業者委託して経営していくことが可能です。
また、その運営の方法もコインパーキングや月極等、立地条件に応じて適切なものを選択していくことができることから、周辺の状況が変化してもその需要に応えていくことができます。
車が必要をされている社会だからこそ、広い範囲で利益を求められる有利な土地運用の方法が駐車場経営なのです。

Valuable information

エナジードリンク

インプラント 堺市北区

群馬の心療内科

Last update:2018/4/25


COPYRIGHT(C)2015 P Garages. ALL RIGHT RESERVED