P Garages

P Garages

駐車場の空き問題の解決例

駐車場の空きが多くて、メンテナンス料から考えると割に合わなくなるなどの問題が発生しています。
理由としては、単純に近隣と比較して駐車料金が高いので借り手がいない、地下に駐車場がある、または立体構造になっているためにエレベータの保守料金や電気代が高いなどです。
特にこのような問題は公共交通機関が発達している都市にみられる現象です。
そもそも自動車を維持するためにはガソリン代、車検、保険、駐車場料金、メンテナンス費用などお金がかかりますし、その割には普段は電車やバスを利用して通勤する人が多い都市部の人にとっては自動車の利用頻度が少ないために、所有するメリットがあまりなく現状は需要よりも供給数がオーバーしており、空き問題が顕著に発生しています。
この問題に対して色々と改善策がだされていますが、マンションなどでは例として大規模な設備がある場合は半分のみを稼動させたり、駐輪場やバイク置き場が逆に不足していて住人が不満を持っている場合もあり、その際には用途を変更して対応しています。

空きのある駐車場について

一戸建てに住んでいる場合には家に駐車場がある場合が多いのでそこに車を止める事が出来ますが賃貸マンションなどに住んでいる場合には車を止める事が出来る場所を借りないといけない必要があります。
車を止める事が出来る専用の駐車場は住んでいるマンションに専用の場所がある場合も多いのでそこに車を止める事が出来ます。
駐車スペースをレンタルする形になってくるので空きのある駐車スペースを借りてレンタル料を払う形になります。
また、車の大きさによっては駐車出来ない場合もあったり、レンタル料も高くなってしまう場合もあるので注意が必要になってきます。
車が大きすぎて駐車場に入らない場合には車を止める事の出来るさらに大きい駐車スペースを探して車を止める事になります。
ですので、車の大きさと駐車スペースを良く確認してから車を駐車する事の出来る駐車スペースを借りる様にしましょう。
借りてから車を止めようとして車が大きくて止められない場合にはせっかく借りた駐車スペースも損になってしまいます。

おすすめWEBサイト 5選

岐阜 一戸建て
http://www.daiyuu.com/

最終更新日:2016/6/24


COPYRIGHT(C)2015 P Garages. ALL RIGHT RESERVED